なりやすいのは?


数ある職業の中で、学校の教師と塾講師は、どちらも担当する生徒から「先生」と呼ばれる仕事です。 とは言うものの、それら2種類の職業には、それぞれに特徴の違いが存在します。


「学校教師と塾講師では、どちらがなりやすいのか?」などの疑問を持つ人は、それらの相違点を理解した上で、自分なりの判断を行なうことが大切です。 学校教師・塾講師のいずれも、生徒の成績を向上させたり、志望校に合格させたりすることを目的として学習指導を行なうという点で変わりはありません。 しかし、学校教師の場合には、学習指導のみならず、生徒の生活や課外活動、進路などの指導、保護者との面談など、多種多様な仕事をこなす必要があります。


例えば、ホームルームの担当、修学旅行の準備や引率、文化祭・体育祭などの行事の運営、家庭訪問、PTAとの会合への出席なども学校教師の仕事に含まれます。 そのようにして、生徒が学習面だけではなく、人間的にバランス良く成長することができるようサポートするのが、学校教師の指導目的であり、果たすべき役割であると言えます。 その一方で、塾講師の場合、限られた時間を最大限に活かして、生徒の学習効果を高め、勉強面での結果を引き出すことに特化した指導を行ないます。